前へ
次へ

年金への良い対策としても役立つ不動産投資

働き盛りの人もやがてはシニア層を迎えることになり、会社勤めとは違いこれまで毎月入ってきた給与という収入も、年に2回の家計の潤いにもなるボーナスも無くなります。一定年齢に到達することで年金の受給を受け始めることができますが、将来的に本当に年金だけで生活がやっていけるのか、不安を持つ人も少なくはありません。理由の一つは急激に進んでいる少子高齢化の問題が絡むためであり、シニアへ支給される年金自体が若い人たちの働いたお金でもあるためです。これからもっと高齢者が増えていく半面で、子供の数は昔よりもずっと少なくなっています。1件の家庭に6人も7人も子供がいるのが当たり前というのは、もはや遠い過去の話です。これまでの年金制度は手厚いものではあったものの、将来的にそのシステムが継続するとは限りません。バリバリと仕事のできる時代は良くても、高齢になって年金受給年齢に達した時、年金が本当にあてになるかはわからないです。若いうちから始めている人も多いのが不動産投資であり、不安になりがちな将来の年金への良い対策にもなります。資金のあるうちに物件を購入してスタートすることで、住宅には第三者の入居があり毎月必ず収入を得ることが可能です。入居者がいてくれる限り、毎月の家賃収入があるので年金暮らしでの不安は解消されます。遠い未来を見通して始めるなら、多くの人がここに住みたいと願う立地や、交通事情のある場所を選ぶことです。人気があるエリアであれば退去者が出ても、またすぐに入居者が埋まりますので、家賃集中が途絶えてしまうことがありません。長期的にも家賃収入という安定の収入減があることで、定年後の暮らしも穏やかになります。不動産投資をするにあたり、選ぶ土地や物件は厳選して選ぶことです。全くの素人であればあらかじめ勉強をすること、書籍をたくさん読んだりセミナーへ足を運んだり、専門家に相談をするなど事前準備は欠かせません。

平塚 リフォーム

賃貸オーナー様必見!節約するなら電気事業協会へ

屋根 外壁塗装 埼玉

リフォームを神奈川で行うならMITUBOSHI

手稲区 賃貸
おしゃれかつ快適に住める賃貸物件を多数仲介しています。

Page Top